葬祭のあれこれ

葬儀の今

今は親戚同士のつきあいというものも疎遠になっている時代ですので、葬儀も密葬という形をとる家が多いようです。
このような思考の多様化により葬祭の形も大きく変化しています。
宗教にとらわれないお別れ会という形式も注目されているようです。

無宗教の葬儀は、宗教色が無いため、すこし明るく感じるのですが、暗い感じで送られるより良いという故人の希望もあるのだとか。
墓地も無宗教でも入れる様なところが増えてきて、無宗教葬もやりやすくなったのだそうです。

ニーズに応えられる

信仰しているものが違うのが当たり前。
祖先崇拝といっても故人となった方の家系から葬儀までに行われることが違うということだってあります。

葬儀屋さんではそのようなニーズに応えなければなりませんのであらゆる知識が必要となります。
特に現在は、それも多様化してきており、故人の遺志によって墓に入れないでということも多くなりましたし、生存している時に行われる生前葬というものも増えてきました。
生前葬では自分が伝えたいことを、亡くなった後、家族に負担を掛けたくないという考えの方が多いそうです。

宗教によっても違いますし、それらを否定して普通はこうですよ。
ということで進めてはならないのが葬儀屋さんということになるでしょう。

どのようなスタイルを望むのか

自身の葬儀やその後のこと、真剣に考える方は増えていると思います。
先祖代々のしきたりのままに行なって欲しいのなら残された家族が戸惑うことはないのですが、もしお墓の問題などがあれば少し考えたいもの。

誰もその土地に残らないという家族も多いでしょう。
その時にはお墓参りをするのも大変になってくるため、お寺にお願いするという方法を選択する方もいます。

散骨してくれといわれる方も多くなっているようです。
または分骨するケースも。
分骨する場合、故人の望むとおりではなく、それぞれの家族の望みとなることが多いように思われます。
遠く離れて済む家族だと、こちらでも供養をしたいと考えてのことでしょう。

葬祭業の資格

葬儀を円滑に進める為の人の資格が有るのをご存知ですか?
葬祭ディレクター資格は葬祭業をされる方は特に注目しているのですが、とても難しい検定資格です。
葬祭従事者としての実務及び知識において一定のレベルを保持しているかどうかを審査し認定するのがこの制度なんですが、
試験範囲は究めて広く、司会・幕張の実務から宗教儀礼・相続・遺言・民法・心理学など多方面にわたっています。

家族葬を中心とした多彩なプランがあるようです。参考に!